ファッションは、「自分らしさ」を表現し、ワクワクを与えてくれるとても身近なコミュニケーションツール。

手元にある服にちょっとした手を加えて、「自分だけ」の服にする。

それが、#MendItMine Movement。

About Us

ファッションは楽しいものです。

服を着ることで自分らしさを出したり、

新しい自分になって自信を持てたりします。

けれど、トレンドに左右され、無意識のうちに自分らしくいるのが

難しくなってしまうことがあります。

また、毎日着る服の裏側には、深刻な問題もあります。

ファッション産業は、石油産業に次いで、

世界で二番目に環境への悪影響が大きい産業だと言われています。

 

こうした問題への解決策として私たちが提案するのが、「メンディング」です。

私たちは、メンディングを

「汚れたり、穴が空いてしまったりした服を直すこと。自由な発想でリメイクすること。」

と定義しています。

メンディングをすることで、着れなくなってしまった服や、

自分らしさの足りなかった服に新しい命を吹き込み、自分だけのオリジナルにできます。

オリジナルな服を着るとなんだか特別な気分になって、

もっと自分らしくいていいんだって、気付けます。

そして、服に愛着が湧いて価値観が変わります。

#MendItMine は、そんな「メンディング」という魔法を

世界中で実践し、アイデアを共有していくムーブメントです。

 

Our Goal

私たちは、ムーブメントを通し、もっと多くの人が

  • ワクワクする服を着て、自分により自信を持つ

  • 一つの服を長く大切にすることで、環境や社会に配慮した行動を起こす

ことを目指しています。

大量生産・消費・廃棄の社会で服の寿命が短くなり、

さらにフリーマーケットアプリ等の登場で服を買って手放すサイクルが

更に早くなっています。

そのような環境に慣れた人たちにこそ、

「メンディング」を体験してもらい、服と向き合う時間を作ってほしいと思っています。

 

Mending Ideas

 

Who We Are

代表 杉浦由佳

東京大学大学院修士二年。
大学では生態学を専攻し、

生物多様性の保全について研究すると同時に、

どうサステナブルな社会を実現するかにも興味を持ち、

​学生団体の立ち上げなど幅広く活動。

気候変動国際条約の締約国会議への参加や、

アメリカ留学、The Better Tomorrow Movementでの

Global Ambassadorとしての活動を通して

ファッション産業への課題意識を抱き、

2020年7月、#MendItMineのムーブメントを開始。

小林ななこ

文化学園大学で染織を学んだ後、

ロンドン芸術大学チェルシーカレッジオブアーツの

テキスタイルデザインコースを卒業。

フリーランスでテキスタイルデザインをしながら、

エシカルファッションの活動をしている。

普段から、祖母の服や友達の作った服、

また古着を着ることが多く、その一着一着に

詰まっているたくさんのエピソードを

大切にしたいと考えている。

そのため、長く着れるよう、サイズを調節したり、

穴を塞いだりして直している。

​もえ

武蔵野美術大学でプロダクトデザインと

グラフィックデザインを専攻後、

ロンドン芸術大学Camberwell College of Artsにて

クラフトデザインを学び2016年卒業。

在学中、サステイナブルデザインに興味を持ち、

廃材をアップサイクルしたプロダクトのデザインや、

ものを長く使い続けることも

サスティナビリティにつながると考え

「愛着」「感情的な価値」をキーワードに作品を制作した。

 
  • Instagramの - ホワイト丸
  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸

Contact us at menditmine@gmail.com.

© 2020 Mend It Mine Movement.

  • Black Instagram Icon
  • Black Facebook Icon
  • ブラックTwitterのアイコン